音声読み上げ

クチコミ

REVIEWS

瀬戸内に浮かぶ近くの離島「家島」で散策と海の幸を愉しむ

  • 播磨
  • スポット

私がレポートします!

稿
Tourist Information French Desk
女性
30代
兵庫県
海外旅行
Tourist Information Desk(ツーリストインフォメーションデスク)は、兵庫県の魅力を皆様に発信する専門スタッフです。
フランスからの観光客はまだ少ないですが、日本のグルメやサブカルチャーが密かに人気です。
ヨーロッパの皆様にも兵庫の魅力を発信していきます♬

家島ならではの食・暮らし・人に出会う旅

 

兵庫県の南西部、姫路港から約18km、播磨灘の沖合に大小44の島々から構成される家島(いえしま)諸島。その中で人の住んでいる島は、家島、坊勢島(ぼうぜじま)、男鹿島(たんがじま)、西島(にしじま)の4島で約5,000人が暮らしています。

瀬戸内海国立公園にも指定されており、古くから瀬戸内航海の風待ち潮待ちの要所として多くの人が訪れています。

 

 

アクセスは、JR姫路駅から姫路港までバスで約20分、姫路港から真浦港まで船で約30分の計60分弱。

姫路港から家島本島行きの船は2種類あります。高福ライナーと高速いえしま株式会社。

乗船する時刻によって船会社が変わりますので、時刻表をチェックし、券売機でチケットを購入してください。(※ツアーにはバス・船往復券が付いています)

 

 

高福ライナーに乗り込みます。

船内はこんな感じで、バスみたいです。左側の席に座ると、家島諸島を眺めることができます☆

 

 

真浦港に到着しました!

すぐ近くにある家島港ふれあいプラザで、レンタサイクルします。

 

 

自転車を借りて出発しようとすると、屋台の魚屋さんがいました。

真浦港でとれた新鮮な魚介類が売られています。

島民の皆さんが買いに来ていました。私も買ってすぐに調理して食べたい。。!

 

 

まずは、家島港ふれあいプラザの目と鼻の先にある「どんがめっさん」

 

 

難波の国へ行った主の帰りを待つ大亀が、いつしか石になってしまったと伝わる石です。100回頭を撫でると願い事が叶うかも?と言われています。

完全に亀の形の石!大きくて迫力があります。

 

石碑の下には、小さい亀がひょっこり。

 

 

因みに、どんがめっさんの玉垣を注目して見てみてください!

玉垣に彫られているのは、全て女性の名前です。それはなぜか。。。?

答えはガイドさんに聞いてみてくださいね!

 

少し自転車を走らせると、こちらは「真浦神社」

 

 

1848年に建立されましたが老朽化が著しく、2004年に改築・境内地整備がされたそう。改築されて20年弱前くらいですが、最近できたかのような新しさです。

漁業・海運業・採石業が家島の基幹産業とのことで、こんな立派な社殿が建っています。

 

海岸線を自転車で移動。海を眺めながらのサイクリング最高です!

 

 

途中可愛い壁画が。家島小学校の生徒が描いたものみたいです。癒されますね~

 

 

そして、こちらは家島の“アマルフィ”!

山の斜面に家が建ち並んでいます。

 

 

船もたくさん並んでおり、良い景色です。

 

 

さて、昼食は宮港すぐ近くにある「割烹旅館 志みず」にて。

全室オーシャンビューで、美味しい旬の島魚と播州を中心とした旬の地酒が頂けます。

 

 

「志みず御膳」を頂きます。この日のお品書きは、

- お造り(ヒイカ・ガンゾウカレイ・紋甲イカ・サクラマス)

- アジの南蛮漬け

- 穴重

- にゅうめん

- バゲット・黒もち米パン

 

 

魚介類、全部新鮮で美味しい!!さすが、まえどれ!

 

お造りは、醬油の他に、家島で作られた塩と牡蠣エキス入りオリーブオイルがあり、こちらパンと一緒に頂きます!刺身とパン合うのか?という感じですが、オリーブオイルによって良い感じにマッチしています。驚きの組み合わせ。

アジの南蛮漬けは、内臓も骨も頭も全部食べられます。新鮮なので、内臓が全然苦くない!

穴重は、肉汁を一切逃がさず焼いているそうで、普段のアナゴと全然違う触感です。ぷりっぷり!

 

 

店主の高島様(写真右)と、今回ガイド頂いた神姫観光(株)の 内山様(写真左)

 

美味しい家島の魚をたっぷり堪能した後は、「家嶋神社」へ。

階段を上がり、社殿へ向かいます。

 

 

階段を上がるとずらりと並ぶ灯篭が。そして家島諸島が見えます。

 

 

家嶋神社からそのまま道路を突き進むと清水公園があります。

見晴らしの良い、絶景スポット!男鹿島(たんがじま)が見えます。

因みに、この島が削られている理由!

関西空港や神戸空港の埋め立ての土砂として使われているんです。知らなかった!

 

 

他にも、魚屋や醤油屋、文房具屋が立ち並ぶ昔ながらの商店街や、路地裏散策など、家島の暮らしを見ることができます。

是非、青く豊かな海に囲まれた自然の豊かな島、家島を現地ガイドさんと一緒に回ってみませんか?

 

 

DATA:

◇ツアー【瀬戸内に浮かぶ近くの離島「家島」で散策と海の幸を愉しむ】

[料金]大人16,000円、小人13,000円(バス・船往復券、観光ガイド料、昼食代含む)

[所要時間]約7.5時間

[催行日]水曜日・土曜日(通年)

[集合場所]姫路駅(北口)/神姫バスターミナル

[集合時間]9:00

[催行人数]2名~8名

[予約方法]メールにて受付(himeji-snk@shinkibus.co.jp

※〆切は7日前17時まで

[決済方法]現金のみ

[キャンセル料] 予約確定後~10日前~8日前20%、7日前~2日前30%、

前日40%、当日50%、集合時間後100%

[ツアー会社]神姫観光株式会社 営業課

      TEL:079-224-1501(10:00~17:00)

      https://www.shinkibus.co.jp/

※詳細等については、メールや電話にてお問い合わせください。

 

▼家島の詳細情報▼

◇帰りたくなる場所MY HOME ISLAND 家島

http://h-ieshima.jp/mhi/

◇しまたび予約サイト家島NAVI

http://h-ieshima.jp/navi/

◇家島観光事業組合

http://h-ieshima.jp/

◇割烹旅館 志みず

http://shimizz.main.jp/index.html

◇レンタサイクル

http://h-ieshima.jp/news/rental_bicycle

◇定期船運航情報

http://h-ieshima.jp/liner.html

 

▽家島 観光スポット情報はこちら

https://www.hyogo-tourism.jp/spot/result/619

 

 ▽その他、クチコミ記事もぜひご覧ください

 

『今夏は約50万本!小野市の「ひまわりの丘公園」』⇓⇓⇓

 

『歴史や自然スポットが豊富な西播磨でフォトジェニックな女子旅』⇓⇓⇓

 

「魚の棚商店街」で『グルメ巡り・ぺったん焼体験』をして 明石を満喫!!⇓⇓⇓

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメントの内容が企業等の広告宣伝に関わるものなど、クチコミ情報に直接関係のない場合は承認をいたしかねますので、予めご了承ください。(その場合、コメント投稿者への通知も行いません)

コメント

お名前

メールアドレス

性別