クチコミ

REVIEWS

春限定のとろける美味しさ! 食の淡路の新食材 「淡路島サクラマス」

  • 淡路
  • グルメ

私がレポートします!

稿
出口敦司
男性
40代
兵庫県南あわじ市
生まれも育ちも南あわじ市です。10年前から観光関係の仕事を続けてきた経験を活かして、淡路の良さをレポートします!

サケ科の中で最も美味しいと言われる「サクラマス」
3月~5月限定で、島の42店舗で味わえます!

 

※こちらの記事は、1月末に取材した内容となります。新型コロナウイルス拡大防止のため、不要不急の外出自粛の状況ですので、自宅にいながら旅行気分を味わってください。

「淡路島サクラマス」をご存知ですか?
桜色の身がとても美しい、脂ののった上品な味わいの高級魚で、2017年にデビューした淡路島の新ブランド食材です。

 

 

サクラマスはサケ科の魚ですが、天然ものは幻と言われるほど希少性が高く、養殖もの生産数が非常に少ないため、とても高級な魚なんです。

 

 

そんなサクラマスを島の新食材にするべく、南あわじ市の福良湾で養殖がスタートしたのは2015年。
福良湾は、今や全国区ブランドの「淡路島3年とらふぐ」を育てる有名な港です。鳴門海峡の早い潮流と、その影響で低く保たれた水温、そして何より、長年培ってこられた生産者の高い養殖技術によって、とても上質な「淡路島サクラマス」が誕生しました。

 


▲ 福良漁業協同組合 組合長・前田若男さん

 

ほどよく脂がのっていて甘さもありながら、繊細であっさりとした味わいは、サケ科の中で最も美味しいと言われています。
そんな島の新名物「淡路島サクラマス」ですが、昨年から産地の南あわじ市だけでなく、淡路島の全島で味わえるようになりました。
産地ですから、もちろん新鮮で、価格がリーズナブルなのも魅力です。

 

 

年々取扱店舗が増え、今年は全部で42店舗。旬の時期である3月~5月限定のメニューが揃っています。
定番のお造りや丼、鍋をはじめ、グラタンやバーガーなどのユニークなメニューも新登場。

 


▲ 魚繁/サクラ咲く丼 1,760円(税込)※ランチ限定・1日10食

 


▲ ホテルニューアワジ レストランシーサイド/サクラマスのクリームグラタン 2,300円(税込)※ランチ限定

 


▲ 絶景レストランうずの丘/淡路島のサクラマスと桜鯛の島レモン鍋コース 2,800円(税込)

 

「淡路島サクラマス」グルメの専用ホームページには、全提供店舗の紹介が載っています。
https://www.awajikoku.com/sakuramasu/

 

 

【問い合わせ】
◇ 淡路島サクラマスプロモーション実行委員会
TEL:0799-43-5224
https://www.awajikoku.com/sakuramasu/

 

◇ 淡路島観光協会 南あわじ観光案内所
TEL:0799-52-2336
https://www.awajishima-kanko.jp/

 

 

 

【HYOGO!ナビ WEBサイト 関連ページ】
【兵庫五国】淡路エリア情報

 

グルメ

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメントの内容が企業等の広告宣伝に関わるものなど、クチコミ情報に直接関係のない場合は承認をいたしかねますので、予めご了承ください。(その場合、コメント投稿者への通知も行いません)

コメント

お名前

メールアドレス

性別