令和2年度 観光拠点整備支援事業補助金

SUBSIDY

1.事業目的

観光客の利便性向上や地域の魅力向上など、地域観光の賑わいづくりに資する事業を対象に施設の改修費等を助成し、本県の観光振興につなげます。

2.補助内容

(1)補助対象者

 施設等のオーナーや企業、団体及び個人等


(2)対象事業

1.補助事業の対象となる者が、行政と連携し、地域の「賑わい創出」、「観光振興」のために、主体となって自立的、継続的に行う事業であること
2.補助事業完了後、不特定多数が利用可能な観光拠点として10年以上活用が見込まれる事業であること
3.原則として、令和2年度内に執行および支出が完了する事業であること。ただし、やむを得ない事由により翌年度に繰り越して執行せざるを得ない事情がある場合に限り、公益社団法人ひょうご観光本部(以下「本部」という。)と協議のうえ、繰り越す場合がある。


(3)対象物件

1.企業、団体及び個人等が保有する県内の建築物で、ホテル、ゲストハウス、工房、レストラン等の不特定多数の利用者が見込まれる観光拠点として新たに利活用する建築物と
2.申請時に居住者又は利用者がおらず、今後も従来の用途に供される予定の無い建築物。ただし、全部又は一部が利活用されている物件の場合でも、既存事業の延長ではなく、新たな事業展開のための初期投資等を行う内容であれば申請可能
3.昭和56年5月31日以前に着工した建築物については、耐震性が確保されていない場合は、改修により確保するなど、耐震性が認められること
4.10年以上にわたり、要件に合致した用に供することが可能であること


(4)補 助 率

補助対象経費の3/4以内 ※ただし、1,000円未満切り捨て
※本事業の採択にあたっては、対象物件が所在する市町が随伴して支援することを必須要件としているため、当該市町における予算成立が前提となります。


(5)補助上限額

外装・内装・設備改修: 24,750千円/件
耐震改修      : 5,625千円/件


(6)対象経費

観光拠点施設として活用するために必要な下記の費用


科 目 項 目
工 事 費 設計監理費、改修工事、建築工事、電気設備工事、機械設備工事、仮設工事、外構工事、解体工事 等
その他の経費 上記以外で特に必要と認められる経費

3.申請手続き

○受付期間

 令和2年10月1日(木)から15日(木)まで[必着]


○申請方法

 申請書類をダウンロードのうえ、次の宛先に、「郵送」してください。
 ※ 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、持参による提出はご遠慮ください。
 ※ 送料は申請者側でご負担願います。
 ※ 裏面には差出人の住所及び氏名を必ず記載してください。
 ※ 申請書類の到達の有無に関するお問い合わせについてはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
   できるだけ、簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法で郵送願います。
 ※ 申請に必要となる提出書類については、募集要領にてご確認ください。

[送付先]
公益社団法人ひょうご観光本部(兵庫県庁内)「観光拠点整備支援事業」担当
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階

4.スケジュール

   令和2年10月15日(木) 募集締め切り
   令和3年 3 月31日(火) 事業実施期限
   令和3年 4 月 9日(金) 実績報告書提出期限


詳細及び要綱、申請書等のダウンロードはこちら


1.申請


2.実績報告・請求

お問い合わせ先

  • 公益社団法人ひょうご観光本部(兵庫県庁内) 
  • 住 所:〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階
  • 電 話:078-362-3317